2010年より始まったGo Green Marketは、おかげさまで年々盛況を増し、東京と名古屋の二箇所で開催されるビッグイベントとなりました。


我々がコンセプトとして掲げている『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味を持っています。

これは3R【Re-USE(再利用)、Re-DUCE(軽減)、Re-CYCLE(資源再生)】の実行と共に、私たちの暮らしに欠かせない永遠のテーマだと確信しています。


美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案をお楽しみ下さい。

2014/05/26

【GGM出店者紹介】 しろねこ家(東京)

こんばんは。
管理人のRIKAです。

今回は、「しろねこ家」さんを紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『しろねこ家』


Q.「しろねこ家」さんのGoGreen!なところを お聞かせください。

古いものをあつかう仕事をして、20年近くになりますが、

骨董市や催事に、最初から連れて歩いた植物がいます。
それは、一見地味な、ただの草のようなセキショウです。
他の旬の草花とともに、様々の古い道具やうつわに、
機嫌よくおさまってくれ、その場を楽しくさせてくれました。

その我がスタッフたちと、またあの空間にいれることが楽しみです。

ちなみに、店長のセキショウは、未だにビニールポットに入っていますが、
地味な貫禄があります。
もちろん、株分けしたこども達はいます。


Q.今回の出店テーマについて お聞かせください。

シンプル イズ ベスト!    といきたいな~。今度こそ!


Q.今回これを見て欲しい!!ぜひ紹介したいモノやコトを お聞かせください。

すべてのお手本である自然のかたちは美しく、
貝や石、角やほねなどは、時が経っても永遠です。   
連れていきますね。

それらに加え,天然素材のうつわや、理化学系ガラスも含め、かたちのシンプルなビンなど、
グリーンが映えそうなものたちを持っていきます。

もちろん、打ち捨てられたカンや壊れものも外ずせません。
多種多様な多肉植物には、バッチリです。


Q.最後にGGMの印象を お聞かせてください。

回を重ねるごとに、流動的かつダイナミックに変化していると感じます。

各出店者の人たちによって、
衣 食 住 が有機的につながり、生 を肯定している感じです。

きっと、空を飛んでいる鳥から見ると、
都会の片隅にある小さな森の、人間と、あらゆる生命のおまつりにみえるかもしれませんね。


ぜひ、あそびに来て下さいね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古いモノの魅力を熟知された
しろねこ家さんのディスプレイは、とにかくワクワクします。



モノが雑然と並んでいるようで
見出すと、1つ1つのアイテムを目で追ってしまい、時には 釘付けに。
その絶妙なバランスは、芸術的で、毎回ため息。

無駄な力が入っていない 風の流れを感じる しろねこ家さんのブースで
ぜひ 自分だけの宝物を見つけてください。